DHAとEPAはアンチエイジングに効果的?ホルモンマネジメントとは?

年齢を重ねると色々不安や故障を体に感じます特にアラフォーともなると突然の変化に戸惑うこともあると思いますイライラしたり視力がおちてきたり疲れが取れないなど昔なら無縁であったことがだんだん自身の体におこってきますそんな中でまっさきにかんがえるのがどうすれば症状がおちつくのかまたは症状がよくなるのかということだとおもいます自身は薬やサプリメント運動等が頭に浮かびましたでもアラフォーともなるとこういった症状が出現するのは当然といえば当然です

しばらくは様子をうかがいながら視力は目薬をつかったり疲れにはマッサージなど取り入ろていましたでも一時的には改善するのですが常体的ではありませんでしたそこでいろいろなことをとりいれながらサプリメントを併用するけとにしましたサプリメントも現在なん種類も販売されていますなにから利用していいのか分かりません

まず行動したのがサプリメントを使用したことがある人にきいてみました黒酢スッポンにんにくビタミン剤コエンザイム鉄剤など聞けば聞くほどまよいましたやはり自分の1番辛い症状に合わせたサプリメントが必要だと判断しましたまず疲れが取れにくいということからビタミンやミネラルが必要だと感じたのでマルチビタミンを利用しました値段も安価で取り組みやすかったですでも効果を感じるまでには至りませんでした次にプラセンタを利用しましたプラセンタは結構値段がはりますので比較的安価なものを使用しましたでも効果のほどがわかりません

あとで後悔したことですがやはり安いとプラセンタの含有量が少ないということです含有率が高いものならもしかして効果があったかもと思いましたそして最終的にはDHAとEPAのサプリメントに行き着きました疲れていると頭の働きがにぶくなったり視力が悪くなったり言うのを実感する出来事がありDHAとEPAを服用することにしました

疲れはとれたわけではなかったですが3週間くらいするとなんだか頭の働きが少しづつよくなってきたようなきがしました周囲のものが見えやすくなったり仕事が易いと感じたりすることが増えてきました私にはDHAやEPAがあっていたようですもしかするともっとあうサプリメントがあるかもしれませんが年齢とともにまた別のサプリメントが必要になってくるかもしれないですが自分の体と相談しながら上手に利用していきたいと思います

また、近年は”ホルモンマネジメント”という言葉がはやっています。

自然に身を任せて、意識が低いまま置いていくのではなく、年齢とともに変化していくホルモンをマネジメントして歳を重ねていくという考えです。

日本はこれまで病などを予防する意識が欧米に比べて低かったのが事実です。しかし、これから高齢化に伴い病や老いを未然に予防するという意思が日本にも芽生えてきました。

アンチエイジングもそうです。これまで外側からのケアに注目が集まっていましたが、今後はホルモンをマネジメントしながら、栄養素にも意識をしてサプリや生活習慣を改善し、年齢や自分の置かれている状況に適した生活をしていくことが大切です。

せっかくアンチエイジングに興味のあるあなたですから、是非内側からの自信のコントロールに取り組んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です